ここだけの話、今さらZoomの背景を変えてみました

PC関連
Zoomのバーチャル背景を設定してみた

こんにちは!オフィスITドクターのYukkyです。

突然ですが、皆さん!
在宅ワーク楽しんでますか?

正直な話、私はちょっと飽きてきました。

なぜなら、見慣れた自宅で仕事中、ふと目を休めたくて見回しても、見慣れた風景の中です。
景色が目新しくなくて、ちょっとつまらないです。

出社する時は、通勤中も外の風景が目に入るのでちょっと楽しいと思っています。

あと、業務時間の最初と終わりに、上司とZoomで作業の進捗についてミーティングするのですが、自宅の整理できていない棚が自分の背景に映っていたりして、気になっています。
正直、毎回気になるので、ちょっとミーティングに集中できていないかもしれません(笑)

色々とマンネリ化して、楽しさが少なくなってきた在宅ワークをちょっとでも楽しくしたくて、今さらですがZoomの背景変更に挑戦してみました。

Zoomの背景って何?

Zoomの背景とは、ビデオを使った時に自分の背景に画像や動画を合成する機能です。

ちょっと前に「じゃがいもの上司」なんかで話題になったのはMicrosoftのTeamsでした。Zoomにも似たような背景を合成する機能がついています。

ミーティングやWeb講習を受けた時に、綺麗な背景の人が参加されているのを見た事がある人も多いのではないでしょうか。

Zoomの背景に使える画像は何でも良いの?

いくつか用意されている画像がありますが、自分で撮影した写真や動画も使えます。

今回は、自分で撮影した画像を背景に設定してみたいと思います。

今回、使用する画像はこれ!

会社の壁(ちょっと暗くしてます)
会社の壁(ちょっと暗くしてます)

会社の壁です!
もうちょっと大きく撮影したいのですが、引くと色々と映り込んでしまうので、分かりづらいかもしれませんが・・・壁です!
余談ですが、いつも私が電話対応している脇の壁でございます。

さあ!Zoomの背景に設定してみよう!!

パソコン版のアプリとスマホ版のアプリだと設定箇所が違うみたいです。

今回は、パソコンとiPhoneの背景に設定してみたいと思います。

まずは、簡単なパソコン版アプリからバーチャル背景を設定してみよう!

パソコンは比較的、簡単に設定できました。

まずはZoomを起動して、右上の歯車アイコンをポチっとな。

パソコン版Zoomのメイン画面
パソコン版Zoomのメイン画面

設定画面が開くので、左側のメニューの中から「バーチャル背景」をポチっとな。

パソコン版Zoomの設定画面
パソコン版Zoomの設定画面

開いた画面でバーチャル背景が選択できます。

パソコン版Zoomのバーチャル背景設定画面
パソコン版Zoomのバーチャル背景設定画面

撮影したい背景画像があるので、ビデオのプレビューが表示される箇所(画像ではカメラをOFFにしているので灰色一色)のすぐ下「仮想背景を選択してください」の右側の「+」をクリックすると、画像が選択できます。

画像を選択すると、綺麗な画像の並びに選択した画像が追加されます。
上の画像だと先に選択してしまったので、壁の画像が追加されています。

追加された画像を選択すれば、次回からビデオを使用するとバーチャル背景に選択した画像を合成して表示してくれます。

次はiPhone版アプリで背景を設定してみよう!

iPhoneはアプリを起動した直後の画面から設定画面に入っても、バーチャル背景が変更できるメニューがありません。
どこを探しても見当たらないのです。

どうやら、iPhone版のZoomではミーティングを始めた後に設定する仕組みの様です。

ミーティング画面の右下の「・・・」詳細ボタンをポチっとな。

iPhone版Zoom
のミーティング画面
iPhone版Zoom
のミーティング画面

別のメニューが表示されるので「バーチャル背景」をポチっとな。

iPhone版Zoomの設定への道
iPhone版Zoomの設定への道

ビデオプレビューの下にバーチャル背景に選択できる画像が表示されます。
新しい画像を追加したいときは、右端の「+」ボタンを押すと追加来ます。

iPhone版Zoomのバーチャル背景設定前
iPhone版Zoomのバーチャル背景設定前

ちなみに、上の画像はバーチャル背景を選択する前の状態。
手の後ろに天井が映っています。

下の画像はバーチャル背景を設定した後の画像です。

iPhone版Zoomのバーチャル背景設定後
iPhone版Zoomのバーチャル背景設定後

カメラは天井に向けて撮影していますが、背景が天井ではなくなっています。

後は右下の「閉じる」をポチっと、ミーティングに戻れば設定は完了です。

android版のアプリでの背景の変え方は?

Zoomの公式ページのバーチャル背景に関する記事を見てみましたが、この記事を書いている2020年10月21日時点では、android版のZoomではバーチャル背景が使用できない様です。

android版のZoomアプリを使っている人は、アップデートで機能が追加されるのを待つしかなさそうです。

バーチャル背景を使う時の注意点

簡単に設定ができるバーチャル背景ですが、使う時に注意すべき点が3点あります。

  1. 実際の背景と同じ色の服を着ない!
    →白い服を着て、白い壁の前でミーティングに参加すると、服の部分がバーチャル背景と同化します。顔と手だけ見える、逆透明人間になります。
  2. 自分の肌や髪の色と似た色の背景の前でミーティングに参加しない!
    →肌とか髪の部分がバーチャル背景と同化します。一時話題になった「じゃがいも上司」みたいになります。
  3. 背景は1色が良い!
    →柄がある背景だとバーチャル背景がきれいに合成されません。
    本来はグリーンバックやカラーパネルを用意するのですが、柄が無い壁やカーテンで代用できます。難しいけど安く済ませたい人は、背景にダンボールを使う方法もあります。

これらの注意点はできる限り守る事で、ミーティングを行った時に自分が半分消えたりする事故が防げます。

同じミーティングに参加した人も、仲間が半分消えていると気になりますから(笑)

まとめ

やってみる前は、バーチャル背景用に用意された画像を探す所から始めないといけないと思っていました。

実際にやってみると、自分で撮影した写真など、手持ちの画像を使って、簡単にZoomのバーチャル背景が設定できました。

自宅からZoomのミーティングに参加するとき、いつも背後の映り込みが気になっていた人はバーチャル背景を設定してみる事をオススメします!

今回、背景用に会社の壁を撮影したので、今後、自宅からZoomでミーティングに参加した時に上司を驚かせる事ができるかもしれません。ちょっと楽しみです。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。さようなら!