予防接種

予防接種 コラム

こんにちは。Yummyです。

新型コロナウイルスのワクチンが昨今注目されていますね。効果が期待されたり、副反応が気になったりで情報が日々飛び交っています。

病原体の毒性を弱めたりなくしたりして、ワクチンを作りして体に接種する事で免疫をつくる為に予防接種が行われます。

ワクチン接種ではなく、未然に病から体を守る力をつける、予防接種と聞くと、なんだか急に身近に感じたので予防接種と考えると全く真新しい未知のものとは考えにくいと思いました。

予防接種と聞くと、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。

人にもよるかと思いますが、赤ちゃんの予防接種がなんとなく思い浮かびました。
赤ちゃんは生後2か月以降、予防接種の際は接種毎に期間をおいて複数の種類の接種を計画的に行っていきます。予防接種で感染力の無い病原体によって対象の病にかかった状態にして免疫を獲得する方法です。

予防接種とスケジュールの確認にはじめは右往左往

定期接種と任意接種で、定期接種は地方自治体が主体となって行われ、任意接種は費用は補助されませんが個人の希望で接種します。
各予防接種は時期と期間等が決められていて1度打った時に期間内に決められた時間を置いて予防接種を受けます。

母子手帳に沿って確認していきますが、明らかに自身の母子手帳と比較して多く感じます。

生後2か月以降は接種スケジュールと申請用紙を確認しながら受けさせるのに慣れるまでは四苦八苦しました。
生ワクチン、不活化ワクチンで期間、同時接種不可等があるので自治体から配布される予防接種の手引書で確認していました。

主なワクチンの種類

ちなみに主なワクチンの種類としては生ワクチンと不活化ワクチンがあります。生ワクチンは毒性を弱めた病原体を生きた状態で接種し、おたふく風邪や風疹、BCGが例となります。
不活化ワクチンは病原体を感染力のない状態で接種し、インフルエンザやポリオ、日本脳炎が例となります。

赤ちゃんの場合、一度に3種類打つ事もありました。スケジュール内で接種するには効率的だからです。

予防接種は命に係わる

命に係わることなので、確実に受けさせたいものです。1歳になるまでは予防接種は毎月受けていた記憶があります。

赤ちゃんの免疫が下がるタイミングの生後2か月で、予防接種を開始するようですね。
赤ちゃんの予防接種については、時期や種類が年によっては変わっているので最新情報の確認が必要です。
最新の情報を見て、接種スケジュールに沿って効率よく注意して受ける事が大切です。

元々は母親から免疫をもらう様ですが、生後2か月で免疫が弱まる様です。

免疫は生まれた時からつける様に予防接種を受けていきますが、この予防接種は私もインフルエンザや風疹の為に
打った程度で、成人すると遠ざかっていきました。

予防接種を受けるとしてもインフルエンザくらいかと思います。

新型コロナウイルスのワクチン接種

免疫を得る為のワクチンの予防接種ですが、今回はこの新型コロナウイルスで注目されています。

ワクチンを打って、免疫を獲得する事が重要と位置づけられています。新型コロナウイルスに対するワクチンはmRNAワクチンという種類との事。

mRNAという、新型コロナウイルスの持つ遺伝子の設計図の一部を体内に取り込んで覚え、新型コロナウイルスが実際に侵入した際に攻撃するように
するという仕組みという事です。
従来型(生ワクチン、不活化ワクチン)とは異なる種類との事です。

ワクチンを予防接種しておく事で、新型コロナウイルスに対して有効と考えられ何も持たずに見えない敵に立ち向かうよりも盾か剣を持って立ち向かう方が
有利に進む気がします。

無防備にいつかかってどんな症状があらわれるか不安に過ごすよりはいい様に思いました。

副反応が気になる所ですが

ただ、副反応が気になりますね。蕁麻疹や腫れる事が少数確認されているようなので気になる所ですが、病にかからず予防接種で
免疫を得られるのであれば病にかかるよりかは良いのではないかと思います。

赤ちゃんとは違い、接種スケジュールはまだ予定でどう進むのかは見えていないですが地方自治体から提示されるスケジュールを待って
接種を待つ形になるので先が見えない不安もありますが、いつまでに完了といった目安を提示する自治体もあり参考に出来そうです。

またワクチンによっては温度管理や期限も重要でなかなか円滑に流通出来ない事もある様です。
冷凍庫や保冷バック、専用の注射器が重要でまず体制を整えてからワクチン接種が開始されますのでなかなか簡単には進まない状況と思えます。

医療体制のひっ迫を避ける為もあって、ワクチン接種には優先順位があります。
優先順位としては医療従事者、高齢者、基礎疾患のある方となっていますし、最新の情報に注意して気長に待つしかないです。

副反応が気になるところと言いましたが、ワクチン接種について任意と思われます。また無料で接種出来るとの事。

今まで予防接種で副反応が認められる方は、事前にかかりつけ医等にワクチン接種について確認しておいた方が安心と思います。

日常を守る為に出来る事

病原体に対する免疫を得るには、実際に病にかかるかワクチン接種するかどちらかになるので、有効に利用出来れば心強いです。

病原体に関しては集団免疫、特効薬、ワクチンが重要になると聞いた事がありますが、コロナ禍の中ではワクチンが大きな一歩になりそうですね。

聞きなれないワクチンで不安もあると思いますが、自分の健康、周囲の人の健康を守る為の一手として
提供されている情報を参考にワクチンの接種、予防接種について考えてみようと思います。